451ブックスのオススメ本


by booklovers

グローバル定常型社会

b0146509_2055444.jpg タイトル:グローバル定常型社会―地球社会の理論のために
   著者:広井 良典
 出版社 :岩波書店
 税込価格:2625円
 商品案内: 岩波書店の紹介ページ
 451ブックスの取り扱いなし


有限会社佐野アトリエ 建築家 佐野宜夫さんのオススメ本
未来の社会に向けて私が関心のあるキーワードがいくつかある。自由、民主主義、資本主義、進歩、成長といった言葉です。今の世界を思いっきり上から目線で見たら、これまで当然と思っていた価値概念が少しづつ怪しくなっていて、現代社会の根幹に関る概念まで疑われ始めていることに気づく。将来を読むには、こうした疑いとともに世界・社会趨勢としての人口増加、環境問題をどう解決するのか、展望がほしいところです。岡山市出身の広井良典のこの本は、有史以来の歴史を拡大成長期間と定常期間の繰り返しととらえ、現在の状況は前者から後者への過渡期と唱えている。駆け足の20世紀から緩やかな歩みの21世紀になるのは歓迎したいところ。グローバル定常型社会と名づけた視点をもつことで、将来に対してヒントと勇気を与えてくれる一冊です。

佐野アトリエ HP   佐野アトリエ
      ブログ  佐野宜夫のブログ
[PR]
by booklovers | 2010-03-06 20:57 | BOOKLOVERSのオススメ本